一宮はないけこどものはいしゃさん


サービス内容 はないけキッズクラブ 絵本 ゲーム
治療メニュー こどもの歯科予防 こどもの矯正 こどものよくある相談

一宮はないけこどものはいしゃさん こどものよくある相談

ホーム > こどものよくある相談

こどものよくある相談 口唇口蓋裂

口唇口蓋裂とは

顔面に発生する先天性異常の一つで、口唇が裂けた状態で生まれてくる『唇裂』、 口蓋(上あご)が裂けた状態で生まれてくる『口蓋裂』の総称を言う。
口腔の障害に深くかかわっており、歯科医療の中ではきわめて重要な疾患である。

片側完全唇裂
片側完全口唇口蓋裂
片側完全唇裂 片側完全口唇口蓋裂

日本では割合多く見られ、心臓奇形についで発生率が高く、出生400〜600人に1人の割合で発生する。

口唇口蓋裂による障害

形態の異常
哺乳・吸啜障害(吸う力)
咀嚼・嚥下障害(噛んで飲み込む力)
発音障害
歯列不正
むし歯の多発
上顎骨の劣成長と変形などがある。

治療

最近では口唇の閉鎖手術は生後3〜4ヶ月、口蓋(上あご)の手術は生後1〜2年ごろに実施するのが普通になっている。 口唇口蓋裂児では吸啜力を与え、さらにあごの発育成長を助ける目的で 【ホッツ床】と呼ばれる口蓋閉鎖床が生直後から口蓋裂手術前まで装着され、効果があげられている。

ホッツ床
ホッツ床

歯列矯正

口唇口蓋裂がある場合
◎上顎の発育が良くなかったり、裂があった影響で歯の数・形・大きさ・生える位置などに異常があったりすることが多い。 そのため、噛み合わせを正常にし、顔のバランスを整えるために、矯正治療が行われる。
一般的には、学童期から治療を開始し、10年近く治療が続くことが多く、それぞれの患者の状態に応じて、 適切な時期に行う必要がある。また、顎裂があると、そこへの歯の移動が制限されてしまうため、矯正治療は複雑になりがちである。
◎言語治療、顎裂部への骨移植、顎矯正、補綴治療などが行われる可能性があるため、各科と連携をとって治療にあたる必要がある。

こどものよくある相談 小帯の異常

口腔前庭に見られるヒダ→上唇小帯・下唇小帯

上唇小帯・下唇小帯

上唇小帯
上唇の内側正中部にある、歯肉との間の粘膜のヒダ。
下唇小帯
下唇の内側正中部にある、歯肉との間の粘膜のヒダ。
※ 上唇小帯の方が大きい

上唇小帯過短症

上唇小帯が短く、かつ、上顎中切歯間の歯槽頂歯肉に付着している状態
上唇小帯は出生時、歯槽堤縁付近に付着しているが歯槽骨の成長に伴って 付着部位は上方に移動することが多く上方に移動することにより小帯の幅は狭くなる。
しかし
歯が萌出しても歯槽頂部に小帯が付着肥厚していると異常をきたす
上顎切歯の萌出遅延
上唇の運動障害
上顎中切歯の正中離開、歯列異常
上唇部の清掃困難による虫歯の発生の原因

治療法

著しい小帯過短症には、小帯延長術をはかる
小帯の切除
小帯の整形手術

舌の下面から下顎の歯肉の内側に連続しているヒダ→絶小帯

舌小帯

舌小帯の異常
舌小帯強直症
舌小帯過短症
小帯が舌尖から下顎舌側の歯槽部歯肉まで接近して付着

治療法

一般的には舌小帯に横切開を加え、舌小帯を切離して菱形となった 切開創の舌下面と口腔底の部分を縫合する(舌小帯切断伸展術)



一宮はないけこどものはいしゃさん

日曜診療もしています 歯科・小児歯科・矯正歯科

愛知県一宮市花池4丁目5番11号
医療法人 颯真会 はないけ歯科
Tel:0586-44-6480

Copyright(C) 2010 Hanaike Dental Clinic All Right Reserved.